沿革

昭和20年 9月 創業者岡元圓により電気工事業「川北工務所」を川内市御陵下町にて設立
昭和22年 6月 九州配電株式会社と配電工事委託契約を締結
川内、串木野、宮之城、大口、出水に事業所を設置
昭和27年 1月 資材部門を切り離し、十合電材店(現 株式会社川内電材)を設立
昭和28年 5月 川内駅前通りに社屋を新築
昭和29年 7月 株式会社川北工務所に組織変更。資本金200万円
昭和40年 8月 川内市矢倉町に社屋完成移転
昭和45年 3月 代表取締役社長に田中憲夫就任
昭和45年 5月 資本金1,000万円に増資
昭和46年 1月 工務部開設。送電線工事、発変電工事、通信工事、及び屋内配線工事の営業開始
昭和48年10月 鹿児島市紫原に鹿児島営業所を設置
昭和53年 3月 送電工事部門が九州電力株式会社の登録会社となる
昭和55年 8月 日向営業所を設置
昭和55年11月 鹿屋営業所を設置
昭和59年 3月 株式会社川北電工に社名変更
昭和59年 5月 資本金5,000万円に増資
昭和59年10月 川内市矢倉町に新社屋建築
昭和59年12月 宮崎営業所を設置
昭和60年 1月 建設業建設大臣許可取得
(電気、土木、塗装、機械器具設置、電気通信工事業)
昭和61年 3月 発変電工事部門が九州電力株式会社の登録会社となる
昭和61年 8月 福岡支店を設置
昭和62年 7月 熊本営業所を設置
平成元年12月 建設業建設大臣許可取得
(とび・土工、鋼構造物工事業)
平成 2年 5月 資本金を10,000万円に増資
平成 2年 9月 東京事務所を設置
平成 3年 3月 鹿児島市東開町に鹿児島営業所を新築移転
平成 4年 4月 関西支社を設置
平成 7年 2月 鹿児島市東開町に本社を移す
平成 7年 5月 資本金13,000万円に増資
平成 9年 5月 資本金14,500万円に増資
平成11年 2月 建設業建設大臣許可取得
(消防施設・水道施設工事業)
平成12年 5月 川北設計事務所開設(一級建築士事務所)
平成12年10月 福岡支店社屋完成移転
品質マネジメントシステム、ISO9001認証取得・電気設備工事(内線工事)
平成14年 7月 労働安全衛生マネジメントシステム、OHSAS18001認証取得
平成14年 8月 鹿屋営業所社屋完成移転
平成14年11月 ISO9001:2000認証取得(全事業所)
平成15年10月 安全・品質管理室新体制スタート
平成16年12月 関西支社新築移転
平成18年 1月 携帯キャリアの元請受注を開始
平成18年 3月 代表取締役会長に田中憲夫就任
代表取締役社長に田中陽一郎就任
平成18年10月 配工本部組織改正 宮之城営業所を川内営業所へ統合
平成19年 2月 工務本部組織改正 東京営業所を東京支社へ
平成20年11月 官公庁より防災行政無線デジタル化工事を受注
平成22年 2月 情報系の部門を本部化し、配工本部、工務本部、
情報システム本部の3本部体制に組織変更
平成22年12月 東京スカイツリーデジタル放送設備工事に参画
平成24年10月 紫原寮完成
平成25年 2月 業務部と総務部を統合し総務部へ
情報システム本部に営業企画室を設置
平成27年 9月 創立70周年を迎える
平成29年 3月 川内寮完成
平成29年 3月 広報室発足
平成30年 2月 経営革新推進室発足
平成30年 2月 電設系の部門を本部化し、、配工本部、工務本部、
情報システム本部、電設本部の4本部体制に組織変更
平成30年 8月 有限会社外園設備(給排水・衛生設備工事業)を川北グループへ迎える
平成30年11月 安全推進室発足